SGH英語.bmp

SGH Topics 2014/12/24

第3回大学院生講演

秋もすっかり深まった11月17日(月)、1年生全員を体育館に集めて、第3回の大学院生講演が開催されました。今回の講師は、今年度SGH非常勤として勤務してくださっているウガンダ出身のマコサ・ダンさん。現在は、東京農業大学大学院で博士論文を準備しています。マコサさんは、日本が開発したネリカ米(Nerica;New Rice for Africa という意味がこめられている)の普及が、ウガンダの食糧事情の改善や農業の発展の鍵となると期待されていることを発表し、そこに日本の強みが生かされていると話してくれました。全体を通して英語で行われた授業は、なかなか難しかったかも知れませんが、少しでも講演の内容を理解しようと、スクリーンから目をそらさず、真剣に耳を傾ける姿が記憶に残りました。

講演風景1 講演風景2
講演風景3