LinkIconTopics 20160603

平成28年度スタディツアー(マレーシア・ボルネオ島)の事前学習で環境省を訪問しました

 6月3日、夏休みのSGHスタディツアーでボルネオ島を訪問する生徒とGSY(SGH委員)の生徒、引率教員の計44名が、出発前の事前学習の一環として、環境省を訪問しました。
 冒頭では、現在の地球温暖化について非常に基礎的な知識から現状に至るまで、パワーポイントや動画を通して知りました。
次に、各自が総合的な学習の時間で調査・研究をしている環境問題についての疑問点を地球環境局の方々に投げかけ、対策方法を学びました。
 生徒からは様々な質問事項が挙がり、海洋汚染・森林災害・地球温暖化・エネルギー・経済について、各分野の担当者から直接見解や解決方法を聞くことができました。
特に、海洋関係では「植物プランクトンを二酸化炭素削減に用いる方法」や「近隣諸国との海洋汚染の解決に向けての取組」などについて、森林・災害関係では「森林破壊と木材輸入の関係性」や「原生林でない樹木の植林が生態系へ及ぼす影響」などについて、生徒からの質問が多数上がりました。 
 このフィールドワークを通して、生徒は真摯に環境問題と向き合う必要性と、環境を研究する難しさを痛感しました。これらは今後の事前学習とスタディツアー本番で生かされると感じています。

kankyosyo01.jpgkankyosyo02.jpg