LinkIconTopics 20160625

平成28年度スタディツアー(マレーシア・ボルネオ島)の事前学習で多摩動物公園を訪問しました

 6月25日、夏休みのSGHスタディツアーでボルネオ島を訪問する生徒とGSY(SGH委員)の生徒、引率教員の計17名が、出発前の事前学習の一環として、多摩動物公園を訪問しました。
 まず動物解説員の山崎様より、動物園の役割と管理体制、そしてボルネオ島での野生生物の生態について学びました。
次に、各自がオランウータンのエリアで2個体を対象に行動観察を行いました。オランウータン等の大型類人猿は非常に人間に近く、ゲノム的には3%しか違わないと言われています。そのため、同時に幾つもの行動を行い、また観察と学習を繰り返していく動物でもあります。彼らの特異的な行動を知ることにより、生徒は行動学における比較研究を実体験できました。
 最後に生徒からは様々な質問事項が挙がり、この短時間で大型類人猿の行動比較のポイントを見分けたことに山崎様も非常に驚かれていました。
 このフィールドワークを通して、生徒は現地で見られる野生生物の行動パターンや観察の仕方、また研究活動の大変さを学びました。これらは今後の事前学習とスタディツアー本番で生かされると感じています。

H28tamado1.jpgH28tamado2.jpg