HOME > 校長室 > 校長室より 平成30年度

校長ごあいさつ

h30sakurada.jpg
 神奈川県立横浜国際高等学校
 校長 桜田 京子

 神奈川県立横浜国際高校のホームページへようこそ。
 平成29年4月1日付けで横浜国際高等学校(YIS)の校長に着任し、2年目を迎えました。
 本校は、平成20(2008)年4月1日に県内唯一の単位制「国際情報科」の専門学科の高等学校として、国際都市・横浜に創立されました。このたび創立10周年を迎え、平成30年(2018)年12月12日に10周年記念式典を挙行いたします。
 本校は、創立からこれまで一貫して「社会のグローバル化に対応し、国際化・ICT化の進む日本社会、国際社会でリーダーとして活躍する人材を育成する」ことを教育目標としています。
 さらに、神奈川県高校改革実施計画(Ⅰ期)により平成29(2017)年度入学生から「国際科」への学科改編を行い、平成31(2019)年度には、国際科の中に国際バカロレア(IB)コース(仮称)を設置する予定です。IBコースについては、現在準備を進めておりますが、6月30日(土)に横浜の西公会堂で開催する第1回学校説明会から詳細をご説明しますのでどうぞお越しください。
 また、平成26(2014)年度に文部科学省よりスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受け、本県の県立高校の唯一のSGHとして、生徒全員が課題研究に取り組んでいます。SGHの中間評価では、文部科学省から高い評価を得ました。生徒たちは、1、2年次に様々な研究活動を経験し、3年次では英語で研究論文を作り上げ、英語によるプレゼンテーションを行います。SGH指定後の本校の卒業生の多くは、自分の課題研究のテーマを基に国内外の大学へ進学しています。
 本校の特色の一つは何と言っても外国語学習です。言語運用能力はもちろん、外国文化の理解、日本文化の発信も重要と考え、国際交流に関連する様々な学校行事も充実させています。外国語学習の中心となる英語については、その運用力の強化に力を注いでいます。また、六つの第2外国語(スペイン語、フランス語、ドイツ語、中国語、ハングル、アラビア語)の中から一つを選択し学びます。それぞれの言語を母国語とする教員とともに、その言語や文化を学習します。本校には、外国人の教員の他に、帰国生や海外からの留学生も多く、学校の中にインターナショナルな雰囲気が自然に醸成されています。そのような環境において、生徒たちは、異文化に対する理解を深め、コミュニケーション能力を着実に身に付けていきます。
 本校の生徒は、『自由』や『自主自立』といったことが、各自の責任や義務をきちんと果たすことで初めて成り立つことを理解しています。標準服はブレザーのみ、授業の開始・終了時のチャイムはなく、各人は自分の時間を管理して行動しています。
 今後も、建学の精神の下、保護者の皆様をはじめ、本校の教育活動にご理解をいただいている皆様のご協力を仰ぎ、総力を上げ、世界に飛翔する人間性豊かな人材の育成に努めてまいります。