姉妹校交流

概略史

横浜国際高校は、外語短期大学付属高等学校の姉妹校交流の歴史を継承し、それをさらに発展、充実させています。現在、海外姉妹校は6カ国に7校あります。英語圏はもちろんのこと、第2外国語を学んでいる国々の多くと姉妹校になっています。
訪問の場合は、本校生徒が学校の代表として相手校を訪問し、相手校の生徒と英語や第2外国語で交流を深めています。相手校によってはホームステイをすることもあります。
受入の場合は、相手校の生徒が本校を訪れて本校の授業や学校生活に一緒に参加したりホームステイを行うなど、本校生徒との活発な交流が行われています。
姉妹校との交流は訪問や受入の準備の段階から帰国後までも続き、この経験は本校生徒や本校の卒業生にとって、国際交流や異文化理解、将来の進路等について考える、いい機会ともなっています。